Skip to main content.

スマイル*エッセー

時々、思うことをちょっとマジメに書いたり、イートプランナー&イラストレーター としての仕事のことを綴ったり。あ、そーだ。色々最新ニュースもお知らせします。

レシピブログランキングに参加しています。
おいしそう!と思ったらクリックお願いします。

春キャベツとイカのワイン蒸し春キャベツとイカのワイン蒸し

いつも今日感テレビは野菜中心 のメニューを紹介しているのですが、春は使いきれないほど色々な野菜がおいしくて、迷ってしまいます。

さて、今日は春キャベツ。柔らかくて、甘みがあって、私も大好物。

「千切りキャベツとイカのワイン蒸し」です。

「ホーム・ベジタリアン」より抜粋

自宅での食事は、野菜と玄米が中心のごくごくシンプルなメニューが多い。外食する時はなんでもいただく。もともと好き嫌いもない。一時期パーフェクトにベジタリアンをやっていた。カラダの調子もすごーく良かった。動物性のものは止めて、お野菜も全部オーガニックにして、調味料も切り替えた。お砂糖も完璧に口にしなかったら肩凝りが消えた。

でも外食が難しい。私は人と会って食事を楽しむのが大好き。カフェで一息ついて食べるスウィーツや、海に行った帰りにみんなでくり出す焼肉はココロの栄養だと思っている。私が健康でいたいのは人生を楽しみたいから。もともとお肉もお魚もおいしいと思うし、カラダに必要なタイミングだってある。

今は食生活で大事なことはふたつ。カラダとココロの声をきちんと聞いて、必要なものを取ること。自分のベーシック(基本)を持つ事。外食が続いてちょっと調子が冴えなくなったら自分の基本に戻る。それが解っていれば大丈夫。だからおうちではお野菜たっぷり。ホーム・ベジタリアン。

ホーム・ベジタリアン—ひとりと3匹のしあわせなテーブル
コンドオ ミユキ
書肆侃侃房 (2005/01)
売り上げランキング: 267,302

「ホーム・ベジタリアン」より抜粋

私は野菜が大好き。野菜のおいしさを伝えたくて料理教室でも野菜中心のメニューを色々紹介している。

生徒の皆さんの希望は「お野菜をたっぷりとれるもの」「色んな種類の野菜をとれるメニューを」というものが多い。もちろんリクエストに答えた野菜たっぷりのメニューも作るけれど、もうひとつ、私がいつも提案するのは、ひとつの野菜をおいしく食べることができるレシピ。

冷蔵庫の奥をのぞいてみてほしい。余った1本のニンジンがおいしいひと皿に変身したら、作り手も、食べる人も、そしてニンジンだってみんなハッピー。

「おいしい料理の最高のスパイスは愛情」だというけれど、食べてくれる人だけじゃなく、食材にも愛情を込めた、そんな幸福なレシピを考えたいな、といつも思っている。

「ホーム・ベジタリアン」より抜粋

本屋さんには「幸せになる」ための本があふれている。

よく見かけるのは「自分のことを好きになりましょう」というフレーズ。でも、そうしたくても出来なくて、苦しい、そんな時には形から入るのがいい。自分のことを一番大事な人のように扱ってあげる。

オススメはていねいにごはんを作っていただくこと。

キチンとダシをとったお味噌汁に自分で炊いたごはん。ゆっくり休んで丁寧にごはんを作って味う。そのくり返しがとても大事。

私は何故か、山程欠点を抱えている自分が愛おしい。毎日のごはんが効いてるのかも。ゆで卵をあっと言う間にむいたり、洗濯物をすばやくたたむ方法もいいけど、

「幸せ」に効く私の裏ワザ、試して欲しい。

「ホーム・ベジタリアン」より抜粋

我が家のキッチンは赤がポイントカラー。

私にとってここは自分や仲間や、もちろんウチの3匹に元気を届ける場所だ。毎日キッチンに立ち、目の前に散らばる赤い色を見ているとプチッと元気の芽が心のスミに生まれてくる。

そうして私は、きちんとダシをとり、米をとぎ、野菜を刻む。鍋から湯気が立ちのぼる頃には、私の頬は上気して、人生ヤル気満々な気分になっている。

いつの間にか、私の方が、料理とそれを楽しんでくれる人達から元気をもらっているんだなぁ、いつも。